カッコ良すぎず日々反省の大笑いヒーロー「デアデビル」

数ある海外向けコンテンツの中でも抜群の面白さとクオリティで他を寄せ付けないのがnetflix!こんな多彩なコンテンツの中でもヒーロー物なら、いの一番に思い浮かべるのが海外ドラマの��デアデビル�≠ナはないのでしょうか。

どうしても凄い悪党相手に戦い臨みボコボコにやられた挙句に傷つきながらも諦めず不屈の精神で必至に悪に抗う姿はカッコイイのにとてもいたいたしいのです。

それを見ている観客までもが心配しつつも感情移入し手に汗握り応援しまくってしまう。
ある意味、昔テレビでやってた新日本プロレスの正義派レスラーを思い浮かべ、はからずも力を入れて応援して仕舞うような状態なのでプロレスファンにもおすすめです。
まさにあんなプロレスみたいに序盤は木端微塵にやられめくるのですが最終的には立場逆転し相手をボコボコとして仕舞う程激しいのです!そんな本作の主人公のマット・マードックは昔の事故により視力が徹頭徹尾なくなり盲目なのに昼間は正義派弁護士として真面目に勤めるのです。
しかしあんな仕事の傍ら悪を見極め(目は見えないのに)夜には抱腹絶倒戦闘服に着替えて大変身し法の場では裁けない非合法的な悪党どもをメッタ打ちする事で(メッタ打ちにもされらがら)快楽憶え生き甲斐感じているのです。

一言で言えば正義の使者では無くただ、ふと変わった暴力オタクなヒーローなのみ。

あんなヒーロー像を自覚しつつ彼自身もそれなりに悩み反省し教会に赴き懺悔講じるほど心に闇を携えつも、当然暴力辞められず戦い積み重ねるわけなのですが彼は超人でもなく、生身の人間ゆえの苦労も絶えないわけなので、その葛藤模様が見る事も彼の魅力をわかる上で大事なポイントではないでしょうか。

でもどんなに鍛えているも年齢的にどうしても体力的には厳しいはず、それに超人もなくスーパーマンやバッドマンはエネルギーレスポンスが徹頭徹尾変わりすぎるので見ていて安心出来ない危なっかしいヒーローなのです!
しかしながら彼には盲目がゆえに人並外れの超越的な感覚だけが備わって、それを武器にキレキレの動きを披露するのはぴったり圧巻だ。

日本で言えば座頭市みたいな盲目ヒーローに必殺仕置き人の中村主水みたいな影起こるヒーロー?をミックスしたようなあんなダークヒーロー��デアデビル�≠フ活躍を是非お楽しみください。http://角質ケア.xyz/

カッコ良すぎず日々反省の大笑いヒーロー「デアデビル」