新入社員研修と業種

業種によって仕事の内容はすごく変わりますから、新入社員研修のプログラムも考慮しておくことが重要です。
例をあげると、お客様対応やネクタイの絞め方、電話応対などです。
窓口業務を担当するなら、服装には注意しなければなりませんし、電話でも言い回しに注意しておかなければなりません。
それらを新入社員研修で説明しておかなければなりません。
一般的な新入社員研修は全員を一堂に引き寄せるのは入社式とそれに貫く社長の訓示程度でしょう。
その後は各業種に分かれた専門的な研修になります。
それぞれの業種でプログラムを作成する結果実践に即した教育を受けることができるでしょう。
もちろん、専門の資格がなければできない業務もありますから、それは社内研修ではなく社外のセミナーなどを受講して、試験合格を目指すことになるでしょう。
企業によっては社内で既定の資格を取る結果割増を支給するところもあります。
資格があれば社外に対してもアピールできますし、本人のレベルを客観的に評価できるからだ。
名刺などに取得している資格を表記やる企業の例もあります。
新入社員研修のプログラム作成は毎年同じことの繰り返しですが、それが悪いことではありません。
新入社員にとっては初めてですから新鮮なはずです。
ただ、時代に合わせて修正して出向くことも大切です。
中でも業種別の研修では問題となった過去の事例などを紹介することで、他人事ではなく自分の仕事に関係しているのだと自覚することができます。
例えば、交通事故の話をしても、会社に車がなく運転する機会もない場合はおそらく聞き流すでしょう。
しかし、バスのドライバーになる業種であれば、敢然と訊くはずです。
聞かなければ大きな問題となるからです。
それから、とある企業では一定期間は全員がおんなじ仕事をして、その後に公式配属を決める方式をとっている場合もあります。
これは社内の各種仕事を体験することが重要だと考えているからでしょう。
このように新入社員研修のプログラムは各種アプローチがありますから、社内でしっかりと練ることが大切です。
既成のプログラムとなっている動画を出すだけで終わりでは、新入社員の士気を押し下げることになります。www.uitgaaninwageningen.nl

新入社員研修と業種