貰った会社が喜ぶお中元は

貴方の会社は大企業でしょうか?中小企業でしょうか?こういう問い掛けの意味ですが大企業にお勉めの方の会社には比較的お中元時期ともなれば、これでもかと言うほど中元の品が社内や部署に集まります。
一方中小企業にお勉めの貴方の会社には案外欠ける…無論中小企業は貰うよりあげる側だからと割り切ればすむ話なのかもしれませんが実は中小企業の会社にもよりお中元は集まっているのです。
但し中小企業と言うのは開山一族が会社の実権を握っている訳で会社に送ってもあんまり効果が薄いと思われオーナーのご自宅に届けるほうが一層投資効率(ROI)を決める事を捧げる側はよ〜く認識しているだけの事です。
しかしながらその会社を支えているのはそこで動く働き手達なのは周知の事実でありオーナーよりも働き手達に喜ばれるお中元を選択するほうが授ける先が大企業であれ中小企業であれぜんぜん貫くベストな選択です。
(それでも当たり前の如く独り占めし持ち帰るセコいオーナーは除く)そんな事で働き手が最も喜ぶお中元の品、それも食品に絞ったときの規則はどういう事なのでしょうか?正しく明快、皆で分け合える品、例えば人気の缶ビールギフトなどがすぐに考えつきますがこれって飲める人は有り難いかもしれませんが飲めない人にとっては快くも大層無い物でただ無難なだけです。
無難なギフトは記憶にも残らないのではないでしょうか?それなら依然ビールとジュースが入ったファミリーセットの方が未だにマシです。
そして何よりも働き手に喜ばれない食品ギフトは香味料詰め合わせギフトと缶箱入りアラレや御煎餅などではないのでしょうか?
それは以前私が勤めていた会社の直営店舗のギフト担当から聞いた話なのですが、取り敢えず法人ギフトとしては受けが悪かったようです。
なんでそれらが売れなかった理由として油や醤油は家庭用需要であって会社に贈っても、すぐには食べれないし区切るの迷う事、そして家にも普通にあるので喜びが少ないのです。
そして極め付けが缶入りアラレや御煎餅のギフトなどは社内皆で分けれますが残る缶が売るに捨てられず会社の総務に面倒扱い浴びるみたいです。
そんな事で皆が喜ぶであろうお中元食品ギフトは働き手が公正、公平、平等に区切れるギフトであり容器が生ごみ扱いで捨てられないギフトは会社では断じて嫌われるという事なのかもしれません。
そういう品を送った場合でも御礼状だけは届くのですが、いざ商談訪問しても働き手から空気の読めない人と記憶されてるかもしれませんので是非ご注意くださいませ。http://xn--b9j4a2fuhrd0d4c9c2dy404gl65a.xyz/

貰った会社が喜ぶお中元は